様々なスタイルの中から自分に適した輸入住宅を選ぶためには

手と家

輸入住宅で人気なジョージアン様式

大きな家

輸入住宅の建築様式の中で人気なものの一つにジョージアン様式というものがあります。これは1700年代にイギリスの富裕層の間で流行した建築様式であり、やがてアメリカにも波及してポピュラーな住宅として認知されました。ジョージアン様式は基本的に左右対称のデザインで作られるため、厳格で正統派というイメージを与えることができます。重厚感があり、ドンと構えた落ち着きのある建築様式であることから、意外にも日本の住宅街にあっても違和感を覚えることの少ない輸入住宅です。
外観はレンガ造りに仕上げることが一般的であり、力強さと同時に暖かみすら感じさせるデザインとなるため、居住用の物件として非常に高い人気を誇っています。内装としては、天井を高く取ることができるため、開放感のある広々としたエントランスを演出することができます。レンガ造りという外観の特性があることから、広いリビングに張り巡らせるフローリングも相性が抜群であり、絶妙な調和を取ることが可能となっています。
エントランス部分には、二階へと繋がるレトロさを感じられる階段を設けることによって、日常の中の非日常を演出しやすいことが、ジョージアン様式輸入住宅の特徴となっています。

PRESS RELEASE

  • 白を基調とした家

    輸入住宅は本物でなければいけません

    輸入住宅といえば、洋風のおしゃれなデザインを思い浮かべます。伝統に裏打ちされた確かなデザインは美しくすばらしいものです。輸入住宅というカテゴリーは、ほぼ7割は北米住宅といってもいいかもしれません。ではその北米住宅とは何なのでしょう。…

    MORE

UPDATE POST

NEW2016年12月19日
輸入住宅で人気なジョージアン様式を追加しました。
NEW2016年12月19日
輸入住宅を選ぶ際のポイントを追加しました。
NEW2016年12月19日
輸入住宅で自分のライフスタイルを追求を追加しました。
NEW2016年12月19日
輸入住宅は本物でなければいけませんを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP